外壁塗装

外壁の塗り替えは、約10年を目安にご検討ください。
定期的に塗り替えやメンテナンスを施すことで、お住まいの美観は保たれ、耐久性は大きく向上します。

一方、外壁塗装を怠ると、チョーキングやひび割れといった症状が起き、やがては大規模な修繕を要する危険性があります。

外壁に起こるさまざまな症状

■チョーキング現象
外壁に施した塗装が経年の劣化により、塗料の色成分が抜けて白い粉状になる現象を言います。
チョーキング現象はひび割れに繋がる恐れもあり、そうなると施工費用が高くなるばかりか長い工事期間が必要になります。
この現象は外壁を手で触ることで簡単にその有無を確認できますので、定期的に外壁を手で触り、チョーキング現象が起きていないか確認されることをおすすめします。

■ひび割れ
外壁は、経年の劣化により光沢が失われ、チョーキング現象が起こります。
チョーキング現象により、外壁は日光や気温の変化の影響を直接受けることになり、やがてひび割れが起こります。
ひび割れは雨漏りの原因になり、水が建物内部に浸入することでさまざまな悪影響を及ぼします。
ひび割れの幅が1ミリ以上ある場合は、雨漏りの危険性があるため早急に点検をご依頼ください。

 

外壁塗装の役割とは?

近年ではカラフルな外観の住宅が増えてきように思うことはありませんか?
さらに「外観を美しく見せる」ことだけが塗装の役割だと考えている方も多いと思います。

しかし、塗装の本来の目的は、雨や紫外線が与える影響から住まいを守ること。
塗膜で表面をコーティングし、水分の浸入や紫外線のダメージによる劣化などを防いでいます。

そんな外壁塗装ですが、残念ながら経年による劣化は避けられません。
塗り替え時期の目安は立地環境により異なりますが、およそ10年が目安。
塗装の効果が切れてしまった外壁をそのままにしてしまうと、外壁の劣化を早めたり、最悪の場合、雨漏りを引き起こす原因にもなりかねませんので、ご注意ください。

劣化を放置したままで手遅れになる前に、塗り替えを私どもにご依頼ください!

一覧ページに戻る

施工実績
お問い合わせ